Recommended!2020年オススメする有料WordPressテーマ7選 Read More
WoroPressのtipsプラグイン

WPプラグイン Shortcodes Ultimateは必須で導入すべき たった1つの理由

最終更新日

Shortcodes Ultimateはいろんな装飾が1つにまとまっているので、とても重宝するプラグインです。

WordPressでサイトを開設したら、インストールする必須プラグインとも言えます。

なぜ必須プラグインと言い切れるのかということですが、とても重要な問題があります。

それは「人は皆 飽きやすいが、新しい環境は大変だぁ」ということです。

なんだか「チコちゃんに叱られる」的な答えになってしまいましたw

いつまで同じテーマを使用しているのですか?

WordPressでサイトを構築し運用しているとすれば、当然 無料にせよ有料にせよ、必ず何らかのテーマを選んで適用します。

しかし、しばらくするとそのテーマに飽きてくることがあります。

その時の流行りのテーマというものもあります。

流れが3カラムから2カラムや1カラムに変化している場合もあります。

あるいは テーマの構造的にWordPressのバージョンやプラグインが使用できなくなることがあります。

そんな時テーマの変更を検討しませんか?

テーマ変更しますよね?  テーマの変更・・・そこが問題なのです。

テーマに付随しているショートコード

有料テーマには独自のショートコードが存在します。

かなりカッコいい装飾だったりします。

最近では、無料テーマでもショートコードが存在する、優れたテーマもあります。

しかし、そのショートコードはテーマに付随している独自のショートコードです。

ユーザーが利用しやすいようにテーマを作成したオーサーが提供しています。

テーマを変更したらショートコードが反映されない

いざ、テーマを変えたのは良いのですが表示されたページのところどころに [button_a color=”red”]***[/button_a] といった文字列だけが並ぶようなことがあります。

新しいテーマに変更すれば、従来のテーマに付随したショートコードが使えなくなるということです。

簡単なものはAddQuicktagあたりで作成できますが、アコーディオンとかトグルなどは、そのテーマに合うようにかっこよくなっていましたが、移行するとなるとコードが複雑だったりします。

CSSに精通している人ならともかく、どちらかといえばそうでない人にとっては問題です。

なるべくテーマのショートコードは使用しない

テーマが使用しているショートコードには素敵なものがたくさんありますが「なるべく」使用しないというのが良いでしょう。

しかし「簡単に装飾をしたい」というのは誰しもが思うことです。

そこで、登場するのが「Shortcodes Ultimate」というわけです。

Shortcodes Ultimateはプラグインであるということ

Shortcodes Ultimateはプラグインです。

テーマが変わっても関係なく、そのまま引き継げるということです。

これが、 Shortcodes Ultimateは必須で導入すべき たった1つの理由なのです。

もし、2つ、3つとサイトが増えても使い慣れているので、操作に困ることはありません。

しかも、51個もの装飾が使用できます。

Shortcodes Ultimateは使い方も簡単

「投稿の編集」画面の上部に「[ ]ショートコードを挿入」というボタンがありますので、そこをクリックすると 一覧が出てきますので、そこで必要な装飾パーツを選択し内容を変更すれば良いのです。

例えば「ノート」を選択したとするとこのような画面が表示されます。

 

背景色を変更し、それに合ったテキスト色を選択します。

半径(radius)はノートの四隅部分です。

ライブプレビューで大まかな状況がわかりますので、挿入する際に便利です。

そして挿入します。

 

テストです。テストです。テストです。テストです。テストです。 テストです。テストです。テストです。テストです。テストです。 テストです。テストです。テストです。テストです。テストです。

こんな感じで、スッキリ簡単です。

そしてもう一つ便利な使い方として、ショートコードの中にショートコードを入れる。つまり、入れ子ができるのです。

上記のノートに別の装飾を入れ子にすると・・・

テストです。テストです。テストです。テストです。

画像1画像2画像3

 

と、いろんな応用も簡単にできます。

逆にテーマ専用のショートコードは応用が効かないケースも多いということです。

まとめ

テーマに付属したショートコードを頻繁に使用すれば、テーマを変更した時に、ショートコードが「激変」する・・・いや、使えない場合が多いです。

そうなれば、まイチからやり直すか、テーマ変更を諦めるしかない状況になることがあります。

Shortcodes Ultimateを導入することでそんな困ったを解消できます。

関連記事
WPテーマ無料テーマプラグイン有料テーマ

WordPress テーマ固有の装備 機能は「最小限」で使用すべき たった1つの理由

最終更新日 2020年7月1日WordPressでサイト構築・作成する…
プラグイン

2020年に使えるYou Tube動画プラグイン 5選をまとめて紹介するよ

最終更新日 2020年7月1日WordPressに動画を挿入・埋め込み…
WoroPressのtipsプラグイン

WordPressをアップデートしたらカスタマイザーが開かない時 前のバージョンに戻すことも考えましょう

最終更新日 2019年11月29日WordPressのバージョンを5….
WordPressテーマをテストしているサブサイトはこちらからどうぞ ↓

テストサイトに各WordPressテーマを実際にインストールしてみました。
各テーマ毎に少しカスタマイズしたところもありますが、基本的に同じ画像、同じ記事で構成していますので、参考になるかと思います。